Knospe

クノスペ

JR摂津本山駅前の花屋のデザイン。
元々7坪という立地内に予算内で店鋪として最低限必要な物を作るという計画だったが、
自分達で出来る事は全てオーナーと共にDIYで作り上げ、マネーバランスを上手くスペックに落とし込む事で、本当に“欲しかった”物をアウトプットする事が出来た。
予算の中でDIYを行うという行為は、扱える素材や、工法、仕上がりが必然的に限られてくる。
ここで大切な事は状況を割り切り、一番大切な“花が最も美しく見える環境”と“店鋪の仕上がり”
との関係性を上手く両立し、必要事項を選定する事が必要とされた。
Knospeとはドイツ語で「芽」という意味を表わし、上記発想が
デザイナー×クライアント×ユーザーにとって、“完璧に考えられた完璧ではない店作り”という発想としてこれから芽吹いて欲しいと思う。

Within a space of approximately 23m2 and a budget of 10000 euro, we designed what the owner really desired, making what we could make by ourselves together with the owner.
In Japan, working with such a tight budget limits options for materials, construction, and finishing DIY projects.
It was important to get practical and see what we had to find a balance between an aesthetic look that truly accents the beauty of the flowers and designing a functional shop layout.
“Knospe” is German for “sprout”. We hope this “perfectly conceived imperfect store design” can “sprout” inspirations in designers, clients and users.

  • Knospe / クノスペ
  • Type / flower shop
  • Place / 1-11-14-101 tanakatyo higasinadaku kobeshi hyogo japan
  • Floor area / 23㎡
  • Complete / February.2016
  • photo / takeshi asano
  • logo&web design / SU- kei sumiya
  • Lighting Design / NEW LGHIT POTTERY