Keitto Ruokala

フィンランド語でケイット(スープ)ルオカラ(食堂)

大阪淀屋橋にある北欧伝統料理のエッセンスと日本の発酵食品を融合させた食堂のデザイン。
背伸びをしすぎない空間作りをコンセプトに誰が見ても「なんかいいね」と感じてもらえるテイストを織り交ぜていった。
ファサードはL型の立地を利用し、北欧のイメージを思い浮かべるスカイブルーのテントを展開する。
テント上部にサイン以外のライティングをスペックしない事で、
昼間と夜に見えるファサードの印象をダイナミックに変化させ提供する食事との調和を図る。
またヨーロッパの旧市街の様に大部分の窓面が開口出来る事で、
何処からでも人々に入ってきてもらえる状況を考えた。
店内は北欧の太陽の光を上手く空間に取り込む週間を意識し、ボール球タイプの照明器具を
各セクションにレイアウトする事で、温かみのある空間と共に擬似的太陽を表現する。
また北欧のヒンメリと日本の格子組みの幾何学形状をモチーフにしたグリッド什器を全体に構成する事で、
統一感のある包み込まれる空間を演出。
朝・昼・夜利用できる場所として、
誰もが背伸びをせずに利用してもらえる空気がここに流れてくれればと願う。

※フィンランド語で、Keitto=ケイット(スープ)Ruokala=ルオカラ(食堂)の意味

 

The Design of a diner in Yodoyabashi, Osaka, where they serve dishes inspired from an essence of northern European traditional food and Japanese fermented food.
Taking advantage of the L-shaped location, we used a sky blue awing as the facade, which evokes an image of northern Europe.
By not employing any other lighting beyond the sign above the awning, the impression of facade dramatically changes between day and night to harmonize with the meals offered those times of the day.
Inside the shop, keeping the northern European customs to finely introduce sunlight into a space in mind, we used ball-shaped lights to create a warm space with fake suns.
Also, we created a unified and cocooned-feeling space by putting grid-shaped fixtures with geometric motifs inspired from northern Europe’s Himmeli mobile and Japanese lattice framing throughout the shop. As an “all-day-use” kind of place, we hope a casual air floats through here so that everyone can simply be themselves.

  • Keitto Ruokala / フィンランド語でケイット(スープ)ルオカラ(食堂)
  • Type / cheap restaurant
  • Place /1F 3-3-5 hiranomachi chuoku osaka japan
  • Floor area / 75㎡
  • Complete / october.2016
  • photo / takeshi asano
  • Lighting Design / NEW LGHIT POTTERY