Tyrni

大阪野田阪神にある、ワインと一品料理店のデザイン設計のプロジェクト。
大通りから路地に少し歩くと、間口1.9mという「立地事体が路地」の様な所にこの場所は存在する。
カウンターメインのこの空間は、ソムリエの女性店主が1人で切り盛りし、自身が納得出来るワインと手作りの一品料理をカウンターを中心に提供する情景から「令和のスナック」というコンセプトで考えてる。
スナックとは元々海外では手軽な食事(スナック菓子くらい簡単な料理)を提供する飲食店を意味し、
そこに日本におけるスナックの概念を融合させ、「令和のスナック」という言葉に新しい価値観を世間に受け止めてもらえる事を意識した。
エントランスを入ってすぐに路地を意識したアプローチを設け、ファサードからも見えているこだわりのワインを右に眺めながらカウンターエリアに誘う。
街灯をイメージした照明器具はアプローチからカウンターまで連続し、
光を利用しながら空間を緩やかに紡ぎ、料理やワインの存在を引き立たせる為に同系色にまとめたカウンターエリアをさり気なく演出する。
「Tyrni(トゥルニ)」とはフィンランドの海岸地帯で自生するグミ科の果実で、壁面には店主と設計者及び関係者がDIYで取付けたトゥルニの果実をイメージした使用済みのワインコルクのオブジェが有り、
店主にとっての初めての店鋪を「店主自身が愛せるお店」になってもらえる様に思いを込めて取付けた。
訪れたお客様との話の「ネタ」なってもらえればと願いながら。

  • Tyrni(トゥルニ)
  • Type / wine snack
  • Place / 1-22-28 yoshino fukushimaku osaka japan
  • Floor area / 43㎡
  • Complete /January.2020
  • Photo / takeshi asano
  • Lighting Design / NEW LGHIT POTTERY
  • Graphic Design / SU-